自宅の改善工事でピカピカ住宅|ニコニコ住まいるを手に入れる

それぞれの特徴

横浜で外構工事をする場合

神奈川県の横浜市は昔から中華街の街として有名です。また、港があることから外国の影響を多分に受けた街としても知られています。横浜市の人口は3千7百万人を超えており、区の多さも東京都に次ぎ2番目の多さとなっています。人工が多いことから当然住宅も多く、外構工事をする場合も横浜市の外構工事業者はインターネットで探してもたくさん出てきます。では、横浜市の外構工事業者を選ぶ場合にはどのような基準で選んだらいいでしょうか。外構工事にはリフォーム会社が行っている場合と、工務店が行っている場合、そして専門業者が行っている場合があります。リフォーム会社の場合は、もともとは新築住宅の建築やリフォームを中心に行っていますが、それだけでは足らず外構工事も同時に行っていることが多いのです。

中間マージンについて

かつては新築住宅やリフォームだけで売上を上げていたリフォーム会社も市内に乱立する同業者と住宅の建築数の減少に伴い、住宅に関すること様々なものに手を出しているというのが現状です。一方、工務店は、注文住宅を建築するのが主な仕事ですが、注文住宅の建築だけでは赤字になってしまうので、外構工事も行っています。リフォーム会社よりも工務店のほうが地域密着型です。どちらにも共通することは、実際に工事は下請け業者に任せてしまうことです。下請け業者に任せるということは、そこで中間マージンが発生するということです。中間マージンが発生すればその分工事代が高くなるのです。その点を考えると地元の外構工事専門業者に工事を直接任せてしまったほうがいいです。